2003年 不完全読書リスト(マンガを除く)

1月:1冊

野坂昭如 / 風狂の思想(中公文庫)

2月:7冊

江戸川乱歩 / 黄金仮面(創元推理文庫)
YMO読本 OMOYDE YMO(SONY MUSIC HOUSE)
江戸川乱歩 / 孤島の鬼(創元推理文庫)
北村薫 / 秋の花(東京創元社)
江戸川乱歩 / 何者(創元推理文庫)
江戸川乱歩 / 超人ニコラ/大金塊(講談社/江戸川乱歩推理文庫)
江戸川乱歩 / 人間豹(創元推理文庫)

3月:2冊

江戸川乱歩 / 三角館の恐怖」(角川文庫)
江戸川乱歩 / パノラマ島奇談(角川文庫)

4月:8冊

宮沢章夫 / 百年目の青空(マガジンハウス)
舞城王太郎 / 世界は密室でできている。(講談社)
北野勇作 / かめくん(徳間書店)
北野勇作 / どうぶつ図鑑 その1 かめ(早川書房)
北野勇作 / どうぶつ図鑑 その2 とんぼ(早川書房)
養老孟司対談集 / 脳が語る科学(青土社)
中島らも・いしいしんじ / その辺の問題(メディアファクトリー)
野田努 / ブラック・マシーン・ミュージック(河出書房新社)

5月:23冊

油井正一 / 生きているジャズ史 (シンコーミュージック)
荒俣宏 / 荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産(集英社)
岩城宏之 / オーケストラの職人たち(文藝春秋)
恩田陸 / 象と耳鳴り(祥伝社)
荒俣宏 / アジアまぼろし画報(平凡社)
村上春樹 / 村上ラヂオ(マガジンハウス)
中島らも / エキゾティカ(双葉社)
荒俣宏 / 髪の文化史(潮出版社)
松本健一 /「日の丸・君が代」の話(PHP研究所)
荒俣宏 / 奇想の20世紀(NHK出版)
ジョン・G・ボーク / スカトロジー大全(青弓社)
中島義道 / 孤独について 生きるのが困難な人々へ(文藝春秋)
山田太一篇 / 浅草(岩波書店)
中島義道 / 私の嫌いな10の言葉(新潮社)
大場正明 / サバービアの憂鬱(東京書籍、絶版)
中島義道 / 働くことがイヤな人のための本(日本経済新聞社)
中島義道 / 騒音文化論(講談社)
北中正和 / ギターは日本の歌をどう変えたか(平凡社)
中村とうよう / ポピュラー音楽の世紀(岩波書店)
中島義道 / 哲学の教科書 (講談社)
大槻ケンヂ / オーケンののほほん日記 ソリッド(新潮文庫)
色川武大 / 唄えば天国 ジャズソング(ちくま文庫)
恩田陸 / MAZE(双葉社)

6月:12冊

荒俣宏 / ブックス・ビューティフル(1巻、ちくま文庫)
中村うさぎ / 美人になりたい(小学館)
勢古浩爾 / ぶざまな人生(洋泉社新書y)
阿久悠 / 愛すべき名歌たち(岩波新書)
姫野カオルコ / 整形美女(新潮文庫)
村田久夫・小島智篇 / 日本のポピュラー史を語る(シンコー・ミュージック)
村上龍 / どこにでもある場所とどこにもいないわたし(文藝春秋)
荒俣宏 / パラノイア創造史(筑摩書房)
榊原夏 / マッカーサー元帥と昭和天皇(集英社新書)
渋谷知美 / 日本の童貞(文春新書)
中島義道 /〈対話〉のない社会 (PHP新書)
荒俣宏 / 目玉と脳の大冒険(筑摩書房)

7月:9冊

養老孟司 / バカの壁(新潮新書)
養老孟司 / からだを読む(ちくま新書)
柳父章 / 翻訳語成立事情(岩波新書)
北野勇作 / どうぶつ図鑑 その3 かえる(早川書房)
村上春樹、柴田元幸 / 翻訳夜話(文春新書)
北野勇作 / どうぶつ図鑑 その4 ねこ(早川書房)
内田樹 / 寝ながら学べる構造主義(文春新書)
押野武志 / 童貞としての宮沢賢治(筑摩書房)
倉島節尚 / 辞書と日本語(光文社新書)

8月9月:10冊

内田樹 / 映画の構造分析(晶文社)
斉須政雄 / 調理場という戦場(朝日出版社)
三浦雅士 / 村上春樹と柴田元幸のもうひとつのアメリカ(新書館)
糸井重里 / ピーコ伝(日経BP社)
内田樹 (たつる)/ 女は何を欲望するか? (径(こみち)書房)
糸井重里、池谷裕二 / 海馬 脳は疲れない(朝日出版社)
勢古浩爾 / 自分をつくるための読書術(ちくま新書)
橋本治 / 人はなぜ「美しい」がわかるのか(ちくま新書)
橋本治 / 橋本治が大辞林を使う(三省堂)
内田樹 / ためらいの倫理学(角川文庫)

10月:20冊

菊地成孔 / スペインの宇宙食(小学館)
黒田硫黄 / 映画に毛が三本(講談社)
小谷野敦 / バカのための読書術(ちくま新書)
諸富祥彦 / 生きていくことの意味(PHP新書)
養老孟司 / からだの見方(ちくま文庫)
みうらじゅん 伊集院光 / D.T. (メディアファクトリー)
養老孟司 / 都市主義の限界(中公叢書)
小谷野敦 / 退屈論(弘文堂)
川西政明 / 文士と姦通(集英社新書)
川村湊 / 日本の異端文学(集英社新書)
小谷野敦 / 片思いの発見(新曜社)
小谷野敦 / 江戸幻想批判(新曜社)
小谷野敦 / 聖母のいない国(青土社)
養老孟司、古舘伊知郎 / 記憶がウソをつく!(扶桑社)
高橋源一郎 / 一億三千万人のための小説教室(岩波新書)
田中宇 / イラクとパレスチナ アメリカの戦略(光文社新書)
長嶋有 / タンノイのエジンバラ(文藝春秋)
森達也 / A 撮影日誌(現代書館)
高橋源一郎 / 退屈な読書(朝日新聞社)
筒井康隆 / 虚人たち(中公文庫)

11月:19冊

高橋源一郎 / これで日本は大丈夫(徳間書店)
高橋源一郎 / 日本文学盛衰史(講談社)
小谷野敦 / もてない男(ちくま新書)
佐野眞一 / 東電OL殺人事件(新潮社)
竹岡俊樹 / 「オウム真理教」完全解読(勉誠出版)
村上龍 / 最後の家族(幻冬舎)
椎名誠 / 活字の海に寝転んで(岩波新書)
高橋源一郎 / ゴーストバスターズ(講談社)
中島らも / 逢う(講談社)
筒井康隆 / 文学部唯野教授のサブ・テキスト(中公文庫)
橋本治 / 恋愛論(講談社文庫)
内田樹 / 疲れすぎて眠れぬ夜のために(角川書店)
筒井康隆 / 文学部唯野教授(岩波同時代ライブラリー)
内田樹 / 「おじさん」的思考(晶文社)
石丸元章 / 平壌ハイ(飛鳥新社)
牧太郎 / 新聞記者で死にたい(中公新書)
丸山圭三郎 / 言葉・狂気・エロス(講談社現代新書)
石丸元章 / KAMIKAZE 神風(飛鳥新社)
長嶋有 / 猛スピードで母は(文藝春秋社)

12月:17冊

小田嶋隆 / 山手線膝栗毛(ジャストシステム)
近田春夫 / いいのかこれで 考えるヒット6(文藝春秋社)
小谷野敦 / 反=文芸評論(新曜社)
矢作俊彦 / スズキさんの休息と遍歴(新潮社)
小田嶋隆 / 安全太郎の夜(河出書房新社)
筒井康隆 / 短篇小説講義(岩波新書)
横尾忠則 / 横尾忠則対話集 今、生きる秘訣(光文社文庫)
星新一 / 明治・父・アメリカ(新潮文庫)
橋本治 / ぼくたちの近代史(河出文庫)
関川夏央 / 戦中派天才老人・山田風太郎(マガジンハウス)
中島らも / ビジネス・ナンセンス事典(講談社)
小熊英二、上野陽子 / <癒し>のナショナリズム(慶應義塾大学出版会)
関川夏央 / 司馬遼太郎の「かたち」(文藝春秋社)
関川夏央 / 本よみの虫干し(岩波新書)
坪内祐三 / 靖国(新潮文庫)
関川夏央 / 二葉亭四迷の明治四十一年(新潮文庫)
高橋源一郎 / 官能小説家(朝日新聞社)