2004年 不完全読書リスト(マンガを除く)

1月:11冊

立花隆 / 日本共産党の研究(2、講談社文庫)
高橋源一郎 / ゴヂラ(新潮社)
高橋源一郎 / 君が代は千代に八千代に(文藝春秋社)
正高信男 / ケータイを持ったサル(中公新書)
内田樹 / 子どもは判ってくれない(洋泉社)
後藤繁雄篇 / 独特老人(筑摩書房)
小谷野敦 / 夏目漱石を江戸から読む(中公新書)
坪内祐三 / 慶応三年生まれ七人の旋毛曲り(マガジンハウス)
石丸元章 / アフター・スピード(飛鳥新社)
綿矢りさ / インストール(文学2002収録版/弐段組・講談社)
松村喜雄 / 乱歩おじさん(晶文社)

2月:9冊

小熊英二 / 民主と愛国(新曜社)
綿谷りさ / 蹴りたい背中(河出書房新社)
高橋源一郎 / もっとも危険な読書(朝日新聞社)
長谷部史親 / 私の江戸川乱歩体験(廣済堂出版)
山田詠美 / 対談集 メン・アット・ワーク(幻冬舎)
養老孟司、宮崎駿 / 対談集 虫眼とアニ眼 (徳間書店)
江戸川乱歩 / 蜘蛛男(創元推理文庫)
マイケル・ムーア / アホでマヌケなアメリカ白人(邦訳、柏書房)
松山巌 / 乱歩と東京(ちくま学芸文庫)

3月:15冊

高橋源一郎 / 人に言えない習慣、罪深い愉しみ(朝日文庫)
江戸川乱歩 / 魔術師(創元推理文庫)
坪内祐三 / 新書百冊(新潮新書)
斉藤美奈子 / 文壇アイドル論(岩波書店)
夏目房之介 / 漱石の孫(実業之日本社)
と学会篇 / と学会年鑑2001(太田出版)
片岡義男 / 音楽を聴く(東京書籍)
山口猛 / 上海シネマと銀座カライライス物語(集英社)
小熊英二 / 単一民族神話の起源(新曜社)
保坂和志 / <私>という演算 (新書館)
橋本治 / これで古典がよくわかる (ちくま文庫)
米沢嘉博 / 藤子不二雄論(河出書房新社)
夢枕獏 / 聖楽堂酔夢譚 (本の雑誌社)
矢作俊彦 / ららら科學の子(文藝春秋社)
司馬遼太郎 / ロシアについて (文春文庫)

4月:18冊

椎名誠ほか / 超能力株式会社の未来 (本の雑誌社)
藤井康栄 / 松本清張の残像 (文春新書)
鶴見俊輔、小熊英二、上野千鶴子 / 戦争が遺したもの(新曜社)
椎名誠 / むはのむは固め(本の雑誌社)
マイケル・ムーア / おい、ブッシュ、世界を返せ!(邦訳、角川書店)
筒井康隆 / 本の森の狩人(岩波新書)
高橋源一郎 / 私生活(集英社)
小川和佑 / 東京学 (新潮文庫)
椎名誠 / 日焼け読書の旅かばん (本の雑誌社)
阿部和重 / インディヴィジュアル・プロジェクション (新潮文庫)
塚原史 / ダダ・シュルレアリスムの時代 (ちくま学芸文庫)
立花隆 / 日本共産党の研究(1、講談社文庫)
立花隆 / 日本共産党の研究(3、講談社文庫)
奥泉光 / 石の来歴 (文春文庫)
横田順弥 / 雑本展覧会 (日本経済新聞社)
坪内祐三 / 文学を探せ (文藝春秋)
坪内祐三 / シブい本 (文藝春秋社)
養老孟司+甲野義紀 / 自分の頭と身体で考える(PHP文庫)

5月:18冊

荒俣宏 / 秘書自慢 紙の極楽 (中公文庫)
米沢嘉博篇、手塚治虫著 / アセチレン・ランプの夜 (河出文庫)
椎名誠 / 活字博物誌 (岩波新書)
永井荷風 / 墨東綺譚 (岩波文庫)
小谷野敦 / 軟弱者の言い訳 (晶文社)
川本三郎 / 東京おもひで草 (ちくま文庫)
斎藤美奈子 / 趣味は読書。 (平凡社)
穂村弘 / 世界音痴 (小学館)
養老孟司 / 臨床読書日記 (文藝春秋社)
柴田元幸 / 猿を探しに (新書館)
高橋源一郎 / いざとなりゃ本ぐらい読むわよ (朝日新聞社)
中島らも / 心が雨漏りする日には (青春出版社)
養老孟司 / 運のつき (マガジンハウス)
養老孟司 / アタマとココロの正体 (日経ビジネス人文庫)
養老孟司 / 脳が読む (法蔵館)
柴田元幸 / 死んでいるかしら(新書館)
長嶋有 / ジャージの二人(集英社)
ジュール・ヴェルヌ / 海底二万里(上巻、邦訳、岩波少年文庫)

6月:15冊

夢枕獏 / 果実の森 (上巻、あんず堂)
山本義行 / 関西赤貧古本道(新潮新書)
小池滋 / 「坊っちゃん」はなぜ市電の技術者になったか (早川書房)
沢野ひとしほか / 沢野字の謎(本の雑誌社)
ジュール・ヴェルヌ / 海底二万里(下巻、邦訳、岩波少年文庫)
永井荷風 / すみだ川・新橋夜話 他一篇(岩波文庫)
高橋源一郎 / さようなら、ギャングたち(講談社文藝文庫)
リービ英雄 / 日本語を書く部屋 (岩波書店)
幸田露伴 / 幻談・観画談 他三篇 (岩波文庫)
高橋源一郎 / ジョンレノン対火星人 (講談社文藝文庫)
永井荷風 / あめりか物語 (講談社文藝文庫)
宮沢章夫 / 茫然とする技術 (筑摩書房)
高橋源一郎 / ペンギン村に陽は落ちて (集英社)
中島義道 / 人生を半分降りる (新潮OH!文庫)
島崎藤村 / 破戒 (岩波文庫)

7月:10冊

梶井基次郎 / 檸檬 (新潮文庫)
芥川龍之介 / 地獄変・邪宗門・好色・薮の中 他七篇 (岩波文庫)
浅羽通明 / アナーキズム (ちくま新書)
穂村弘 / もうおうちへかえりましょう (小学館)
田山花袋 / 東京の三十年 (講談社文藝文庫)
夏目漱石 / 三四郎 (角川文庫)
夏目漱石 / 文鳥・夢十夜 (新潮文庫)
勢古浩爾 / 思想なんかいらない生活 (ちくま新書)
中島らも / 今夜、すべてのバーで (再読、講談社)
中原昌也 / あらゆる場所に花束を (新潮社)

8月:9冊

清水義範 / ムイミダス (毎日新聞社)
大澤武男 / ヒトラーとユダヤ人 (講談社現代新書)
浅羽通明 / ナショナリズム(ちくま新書)
浅羽通明 / 野望としての教養 (時事通信社)
長嶋有 / パラレル (文藝春秋)
橋本治 / いま私たちが考えるべきこと (新潮社)
椎名誠 / 武装島田倉庫 (再読、新潮文庫)
江戸川乱歩 / D坂の殺人事件 (創元推理文庫)
小谷野敦 / 中学校のシャルパンティエ (青土社)

9月:10冊

日下三蔵篇 / 乱歩の幻影(ちくま文庫)
関川夏央 / 石ころだって役に立つ (集英社)
小谷野敦 / 間宮林蔵〈隠密説〉の虚実 (教育出版)
リービ英雄 / 我的中国 (岩波書店)
岡崎武志 / 文庫本雑学ノート〈2冊目〉 (ダイヤモンド社)
荒俣宏 / 屋根裏の読書虫(ダイヤモンド社)
斉藤環 / 社会的ひきこもり (PHP新書)
種村季弘 / 江戸東京《奇想》徘徊記 (朝日新聞社)
北村薫 / 街の灯 (文藝春秋)
江戸川乱歩 / 江戸川乱歩集 (創元推理文庫、日本探偵小説全集2)

10月:17冊

谷崎潤一郎 / 痴人の愛 (新潮文庫)
リービ英雄 / 最後の国境への旅 (中央公論新社)
大山真人 / ビリー・ホリデイ 汚辱と苦悩を歌う女 (メディアファクトリー)
江戸川乱歩 / 新宝島(光文社/江戸川乱歩全集)
J.D.サリンジャー / キャッチャー・イン・ザ・ライ (村上春樹訳、白水社)
高橋源一郎 / こんな日本でよかったら (朝日新聞社)
谷崎潤一郎 / 卍 (新潮文庫)
高橋源一郎 / タカハシさんの生活と意見 (東京書籍)
谷川俊太郎 / 散文 (講談社+α文庫)
高橋源一郎 / 日本文学盛衰史 (再読、講談社文庫)
筒井康隆 / 筒井康隆の文藝時評 (河出書房新社)
夢枕獏 / 果実の森 (下巻、あんず堂)
岡野弘彦 / 折口信夫の記 (中央公論社)
小熊英二 / 市民と武装 (慶應義塾大学出版会)
村上春樹、柴田元幸 / 翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書)
森枝卓士 / 世界のインスタント食品 (徳間文庫)
川端康成 / 雪国 (新潮文庫)